latxtal diary

私の好きな音楽を中心に、徒然に語っていくブログです。

ミュージック・フォー・エアポーツ(紙ジャケット仕様)





Ambient 1:Music For Airports / Brian Eno

1979年リリース。
私が持ってるのは、2004年の紙ジャケ・リイシュー盤。
「アンビエント」という音楽概念を広めることとなった作品

集中を必要とする作業をしながら音楽を聴いていて、音楽を邪魔に思うことってありませんか?私はまあまああるんですよね、そういうこと。
けど、この作品は邪魔にならない。それどころか、逆にその作業に集中することができます。


「環境音楽」は、穏やかさや、考える余白を誘引することを意図されて作られている音楽で、「interesting(おもしろい)」ことよりも、「ignorable(無視できる)」ことが重要な音楽。

↑これは、アルバムのライナーに書いてあるイーノ自身の言葉を訳してつなぎ合わせたものです


そんな音楽についてあーだこーだ言うのも野暮なので、ここでトリビアをひとつ。

この作品は、実際にニューヨークの空港で流されていました。
けど、イーノがこの作品を作るきっかけとなった空港があるんです。
それは、ドイツのケルン空港。その建物の美しさに感銘を受けたイーノは、この作品を作ったそうです。
んで、その空港をデザインしたのが、建築家であるパウル・シュナイダー・エスレーベン。この人は、クラフトワークの司令塔の片割れ、フローリアン・シュナイダーのお父さんです。

このままで行くと、聴かないで終わってしまいそうな今年発売のアルバム達。

408.jpg

Favourite Worst Nightmare / Arctic Monkeys

173.jpg

It Wouldn't Be Soon Before Long / Maroon 5

639.jpg

Icky Thump / The White Stripes

036.jpg

Hey Venus! / Super Furry Animals


北極猿とMaroon 5はおそらくファーストが好きすぎたから。
あと前者は、先行シングル「Brianstorm」を聴いた瞬間、The Strokesの「Juicebox」を思い起こさせたから。その二の舞(ハード・ロック路線)になりそうな気がして

ホワイト・ストライプスは、
……なんとなく(笑)

SFAは、ジャケがイヤだから。
スーパーカーの「Answer」も、同じ理由で買わなかったんだと思うあと、これは友達が持ってそうだから、貸してもらえるかな~、と。



まぁ、機会があったら買うかも。
気付けば、今年はあんまり新譜を買ってないな…。



「コンピューターおばあちゃん」

懐かしい~
きっと私にとってのテクノの原風景。

「みんなのうた」で放送されてましたね。
この曲、大好き!


今現在やってるsoftbankのCM曲。
白いスーツを着たブラット・ピットが、白い服を着た子供達と遊んでるような感じのCM。とにかく白いCM。

おそらくPrimal Screamの「Rocks」の次のバージョンのCM。

渋い声で「I'm A Passenger~♪」(だったような…)
って歌ってる曲。

この曲は誰のなんて曲?
すんごい気になるよぉ~


お願いです、誰か知っている人教えてください!
書き逃げでいいんで



アパラット・オルガン・カルテット





Apparat Organ Quartet / Apparat Organ Quartet

前の記事から多少続いてます
そのタワレコでは、最初はUnderworldかBoys Noizeを買うつもりでいたのです。
けど、アンビエント/エレクトロニカのコーナーを発見し、その先頭に並べられてて(頭文字「A」だからね)、やけに目に付いたので、こっちを買っちゃいました。
帰りの電車賃があるので、その時の所持金ではCDは1枚しか買えなかったんだな~

そこで出会うまで、この人達については全く知りませんでした。
なので、ドイツのApparatがバンドを組んだのかな~、なんて思ったりもしました。
これは国内盤で、ちょっとした解説のシールが貼ってあったので、その誤解はすぐにとけましたが。

Apparat Organ Quartetはアイスランドの5人組。
その名の通り(?)オルガン4人とドラム1人という構成。
その構成を知って、買うのを決意しました(笑)

まず1曲目の「Romantika」、これが期待通りのキラキラ・ピコピコ・サウンドキーボードの音達が楽しげに(そして少し切なげに)曲の中を駆け回ってますよ~

そんな感じの音が続くのかと思いきや、3曲目の「Cruise Control」。
これはロックです!と言うか、もうメタルです(笑)
キーボードの音でメタルしてます。かっちょいい。

そのほかも、可愛らしく牧歌的な曲あり、壮大なプログレもあり。
不思議な魅力のあるバンドです。

衝動買いバンザイ

久々に名古屋クアトロ、っていうか名古屋パルコに行ったのですが、いつのまにかタワレコが改装していました。

クラブ・ミュージックからアヴァン/エクスペリメンタルとアンビエント/エレクトロニカが切り離されてて、とても好感が持てた
離されてはいるけど、棚が向かい合ってるから見やすいしね。

けど、それはそれでハッキリと分かれるもんなのかな~。
詳しくは思い出せないけど、クラブ~アンビエント/エレクトロニカ間は、「やっぱこっちだよね~!」っていうのと、「あぁ、こっちなんだ~。」っていうのがいくつかあった。

アヴァン/エクスペリメンタルについてはよく知らないので何とも言えないです。

1番不思議だったのが、Patrick Wolfがアンビエント/エレクトロニカの棚にあったこと。
WunderやKettelやRei Harakamiとおんなじ括りなの?彼が?
ウソ~ん!
なんだか納得いかないな~


fountains of

2007年10月21日
Fountains Of Wayne @ 名古屋クラブクアトロ

ということで、行ってきました
開演直前に会場に入ると、SEでThe Jamの「In The City」がかかってて、それだけでテンションがちょっとアガる。んでもって、続いたのがQueenの「Don't Stop Me Now」で、さらにテンション上昇。
そんなところで客電が落ち、メンバー登場。

まぁ、本人達のルックスは正直どうでもいいです。
ジョディー(写真右から2番目)が少しオシャレな感じだった。
あとは、(アメリカ版)近所のお兄さん、むしろおじさん的なたたずまい

From Here We Go Sublime





From Here We Go Sublime / The Field

前にちょろっと取り上げたんだけど、時間が経ってみて、コレはちょろっとじゃ済まされないだろうってことで、ちゃんとこの作品単体で記事にします。

ドイツはケルン、kompaktからの新人、The Field
名前はバンドっぽいですが、Axel Willnerという方のソロ・ユニット。
スウェーデンはストックホルム出身。

「Pop Ambient 2007」に収録されてる「Kappasta」が気に入っていたので、アルバムも買ってみようかなぁ…と。

1曲目の「Over The Ice」から、なんと気持ちいいこと
ミニマルでエレクトロなループにグイグイ引き込まれていってしまいます。んでもって、高揚感がハンパじゃないの!
(8曲目、「Sun & Ice」なんて、曲そのものが高揚感のかたまりですよ!)
幻想的というか、なんか音に神がかり的な力が働いてます(笑)

随所に使われてる声素材が抜群の効果をもたらしてますね。
(それが本当に声かどうかは、素人の私には判断できませんが
天の声みたく聞こえますもん。

あと、この作品は、クラブでかかっても即効性はあると思いますが、家でまったり聴くのにもピッタリ。
寝る前なんかに聴くと軽くトビますよ(笑)
反復、そして反復で、一本調子に聴こえるかもしれないけど、
これはホント、気持ちいいんです

何度聴いても、聴き飽きない!
むしろまた聴きたくなっちゃうんだなぁ。

264.jpg

タモリ / タモリ

300.jpg

タモリ2 / タモリ


レコードデビュー30周年を記念してリイシュー紙ジャケCD化!
12月に発売予定です。

「四ヶ国語マージャン」が聴きたいよ~(笑)

買うのかな~、私

Expert Knob Twiddlers





Expert Knob Twiddler / Mike And Rich

Aphex TwinやAFXなどの名義でおなじみのリチャード・D・ジェイムスとμ‐Ziqことマイク・パラディナスのユニット
オリジナルは1996年。

名前といい、このジャケといい、とっても仲のいいお2人なのですね。
なんつーか、その時期のこの2人のイメージから、高速ブレイクビーツに綺麗なメロディーが乗っかって…みたいなものを想像していたんだけど、割と普通のテクノでしたね。

ジャケから受けるイメージのまんまっていうか、大人がおもちゃで遊んでるって感じ。両者単体での作品のような破天荒なビートはないけど、ファニーで子供っぽい可愛らしい音がたくさん詰まってる

悪くはないのです。これはこれで好きですし。
ただ、これは2人にとって息抜き的な作品なのかな~、なんて印象を持ったのも事実。
もっとぶっ飛んだものを期待していたので、正直、肩透かしをくらった気分
まぁ、例え息抜きだったとしても、作品としての統一感はちゃんとあって、聴きやすいとは思います。

6曲目、「Winter Takes All」のメロディーの音色が個人的にツボです

今日は一日中暇だったので、GYAOで観た映画3本をレビューしていきたいと思います。ただ、10~15分おきにCMが入ってくるので、そのあたりが少し評価を低くしてるかも
5つ星評価で、白抜けの星は+αってことで。



「アバウト・シュミット」        ★★★☆
定年退職したおっさん、ウォーレン・シュミットついて。ヒューマン・ドラマってよりは、コメディーな雰囲気。なんか、人生ってうまくいかないもんなんですね(笑)最後の1分で、やっと救われたような気分になるけど、それでもその納得のいかない人生は続くんだろうな~。

「チャイルド・プレイ」          ★★★
人形に死んだ殺人鬼の魂が乗り移って…、なホラー映画。もともとの人形の表情が不気味だし、焼け焦げた後はなおさら怖い。最初は設定に無理があるかな~とも思ってたけど、テンポよく進んでいくので、そんなに気にならない。あと、殺ってるのが人形なので、グロい印象もない。

「セクレタリー」             ★★★
R指定付きですが、エロさ控えめで好感が持てました。弁護士とその秘書とのSMチックな関係を描いてます。最終的にハッピーエンドでよかったよかった。2人を演じた役者さんがすごいな。けど、さすがに芝生の上に四つん這いの彼女にニンジンをくわえさせるシーンには吹き出してしまった(笑)



今回は、面白かったけど、心にグッとくるものはなかったな。
まぁ、それでいいんです。5時間くらい暇がつぶせたので


Five Leaves Left





Five Leaves Left / Nick Drake

孤高のシンガー・ソング・ライター。
空の上でもギターをポロンと鳴らして歌っているのだろうか。

ニック・ドレイク、69年発売の1st。
後に「Bryter Layter」、「Pink Moon」を発表し、74年に彼は亡くなりました。事故死なのか自殺なのかは、断定できてないようですね。

世間的に、イチバン評価が高いのは、「Pink Moon」で、他の2作が語られる機会はそんなにない気がする…。
もちろん、「Pink Moon」も大好きな作品です
ただ、あまりにも陰鬱で、美しすぎて、そして悲しすぎるんです。
聴いているのがツライので、「Pink Moon」はあまりよくは聴きません。

さて、これは「Five Leaves Left」の記事でしたね
このアルバムには、あたたかさがあるんです。アコギの音にも、バックのオーケストラ・アレンジにしても。

Die Mensch Maschine





Die Mensch Maschine / Kraftwerk

私が持ってるのはなぜかドイツ語版。
ということでタイトル表記もドイツ語で。

このブログの記事中では何度も登場してるけど、レビューはしてなかったので、今さらながらご紹介。ドイツはデュッセルドルフ発の人間機械、クラフトワークのみなさんです
こちらは78年発売の作品。

この方たち、作品ごとにコンセプトがありまして、このアルバムのコンセプトは、その名の通り「マン・マシーン」なわけです(英語に訳すとこうなる)。

個人的に、彼らの作品の中ではコレかこの次の「Computerworld」がイチバンだと思ってます。

リズムがキッカリしてて、その上にシンセのフレーズとヴォコーダーのロボ声がのっかてるという、シンプルな作り。
ただ、4曲目の「Das Modell」だけはまともに人間が歌ってるポップ・チューンな装い。
全体を通して、なんとなく物悲しい雰囲気を感じるのはなんでなんだろな~。

今の耳で聴いても、古さを感じない、といったらウソになるかもしれないけど、十分に楽しめる作品です。
2曲目の「Spacelab」なんて、WIREでかかっててもおかしくないと思うけどな~



Degitalismがこのジャケをアー写でパロってましたね。
やるんだったらモミアゲも剃ればいいのに~(笑)
さすがにそれは無理か
digitalism.jpg


あたらしい教科書〈8〉音楽 (あたらしい教科書 (8))





『音楽 あたらしい教科書8』
小沼純一 監修 プチプラパブリッシング

クラシックからポピュラー音楽まで、重要な人物40人ちょっとを紹介しながら、コラムなどを交えて、20世紀の音楽を眺めることができる本です。

1人につき2ページ(ケージ、ラヴィ・シャンカール、マイルス・デイビスだけは4ページ)と、簡潔にまとめられているので、難なく読むことができます。
音楽に関する知識が増えたような気がして、少し得した気分(笑)
値段も1500円+税で、手に取りやすいしね

私はクラッシクに詳しくないので、こういう本があるのはとてもありがたいです。
90年代からは、ニルヴァーナとビョークが入ってますが、そっかー、やっぱそんなに大事なんだね~。
けど私、正直、ニルヴァーナをそんなにいいと思えないんだよな~。(←こんなこと言ったらロックファンに嫌われちゃうかな~)
あと、YMOを取り上げるなら、クラフトワークを取り上げた方がいいと思った。

なんだかんだ言って、22年間普通に生きてて、エンリコ・カルーソー(イタリアのテノール歌手)なんて人を知る機会はないもんな~。
広く浅くなチョイスで、いろんな人とその音楽について知ることができます




Harder, Better, Faster, Stronger / Daft Punk

もちろんオフィシャルのものではありません。
歌がはじまるまでは少々退屈だけど、はじまったら、その技術とアイデアに驚かされます




Daft Punkの数曲はこんなのをモチーフにして作られたんですよ!
っていうのを紹介してるビデオ。
こんなにも似てるんだね~。


Eとは…
3,4-methylenedioxymethamphetamine
(3,4-メチレンダイオキシメタンフェタミン)
この略称はMDMA。合成麻薬の一種。
通称エクスタシー、その通称がE。

反応は…
肉体的→かすかに体中がうずく。唇が乾き、瞳孔が開く。心臓の鼓動が早くなり、最初のうちは息が苦しく感じられることがある。だが、これらの反応はほとんどの場合において強くはない。

精神的→ものごとを強烈に感じ、抑圧から解放された気分になる。頭がクリーンになり、リラックスした雰囲気に浸ることができる。誰かと話をしたくなり、親密になるための仲間が欲しくなる。

作用は4~6時間でおさまり、後に疲れと軽い落ち込みがくる。
ただ、これらは一般的な場合で、その場のムードや一緒にいる人達など、すべての状況で効果は変わってくる。

前者の方は、Hadouken!がキャンセルで、The Orbが追加。
後者の方は、8日にHifana、9日にBoom Boom Satellitesが追加。
(私が行くのは9日の方)

dafunkfest、どうせなら開演遅らせてオールナイトにすればいいのに…。

どっちもプチフェスみたいな感じで楽しみ

本家の手から「Born slippy」と「One More Time」が鳴らされたとき、会場はどんなんになるんだろうな~



ブラック・マシン・ミュージック―ディスコ、ハウス、デトロイト・テクノ





『ブラック・マシン・ミュージック 
 ディスコ、ハウス、デトロイト・テクノ』
  野田努 著 河出書房新社

引き続き音楽関連本の話
これ、面白いです。
ページ数は多めですが(本編だけで約500ページ)、どんどん読めてしまいます。

その音楽にまつわる社会的な背景が詳しく、そしてわかりやすく書いてあって、とっても読みやすい

廃墟のデトロイトで、クラフトワークやYMOを生きる糧としてたなんて、思いもしなかったもの。

個人的に、デトロイト・テクノを聴いていると、なんとなく胸がしめつけられるような気持ちを抱いていたのですが、この本を読んで、その理由がわかった気がします。

アメリカにおける黒人差別問題っていう点でも、いろいろ興味深い内容でした。

卒論に使わせていただきます(笑)

STUDIO VOICE (スタジオ・ボイス) 2007年 11月号 [雑誌]





STUDIO VOICE 11月号

久々に音楽雑誌(厳密に言うとそうじゃないけど、まぁ特集は音楽だし)を買った。
バイト先が本屋なこともあって、普段雑誌は休憩中に存分に読んでいるので、買う必要性が感じられなかったのよね~。

んで、なんで買ったかというと、ディスクガイドもいいんだけど、00年代ミュージック・マップ(ロックとダンスの2種類)ってのがあって、これが見たかったのです

まとまってて見やすいし、いいんだけど、
The Avalanchesとかそのあたりのオーストラリアの雑食バンドはスルーなの?なかったことになってるのかな?確かにジャンルには括りづらいし、そんなに大きな流れでもなかったけどさ。
オーストラリアでいったら、The Vinesの名前もなかったよ

あと、00年代って言ってるけど、紹介されてるディスクの7~8割方はここ2~3年のものに集中してる。そのあたりは納得いかないなぁ

買ったわりに不満ばっか言ってますが、チョイスの幅が広く、なかなか見ごたえがあっていいと思います。


シューゲイザーものが好きな方なら、一度は聞いたことがあるであろう単語、「ホワイトノイズ」。
今までずっと、その音を聴いているうちに、頭の中が真っ白になるような感覚を受けるノイズのことなんだと思っていました

その名称には、ちゃんとした理由があるのです。
物理学(科学?)的なことなので、根っからの文系人間の私には、はっきり理解ができたわけじゃないけど、簡潔に言うと、こんな感じ。


音の周波数と、光の周波数を関連付けてできた言葉。

光にはスペクトルというものがあります。
要は、虹の七色の配列のことです。
けど、太陽の光は白く見えますよね?
それは、白に見える光は、(スペクトル内の?)全部の周波数を、同じウエイトで含んでるため、白く見えるんだそうです。
20071005203332.png


http://www.myspace.com/cajundanceparty

バーナード・バトラーがプロデュースしてます。

http://www.myspace.com/paulsteel

マイスペも可愛いけど、オフィシャルサイトがなお可愛い。


なんとなく、どっちも自分より年下っぽく見えるけど。
ってか、Arctic Monkeysのデビューぐらいから、イギリスから出てくるアーティストは年下が多くなってきてる

そうやってどんどん歳をとっていくのかなぁ~


かろうじてムキムキマン地平線のアジア人
「Barely Asian At The Beefcake Horizon」

かろうじてムキムキマンって…

はしごを登ってください
(ローリーフィリップスゴミ箱英国が、混ぜ直します)

「Climb The Ladder
(Rory Phillips Trash UK Remix)」

確かに混ぜ直すんだろうけど…

離婚する紳士から結婚を考慮している彼の独身者友人への
アドバイス

「Advice From A Divorced Gentlemen To His Bachelor Friend
Considering Marriage」

これがヘンテコなのの中にまぎれてると、正確すぎて、逆にインパクトあるな…

そもそも、原題自体が妙だったりするからな~。



Of Montrealの「Hissing fauna,~」、国内盤出るんだそうだ。
ボーナストラック5曲も入るんだって
買い直すべきか…。


Duntisbourne Abbots Soulmate





Duntisbourne Abbots Soulmate Devastation Technique /μ-Ziq

まだ↑のジャケはいいんです。問題は中身です。
見てるだけで死臭がしそうだ

マイク・パラディナス、久々のニューアルバム。
おどろおどろしさ全快です!
ホラー映画観てるみたい。
夜中に街灯のない道を1人で歩いてて、後ろから誰かにつけられてるような気配をずーっと感じてるような音(なんじゃそりゃ)。

暗いです。怪しげエレクトロニカ
アルバムを通してよく使われてるシンセの音色、普通に聴けばかわいらしい音なんだろうけど、その奇妙なメロディーとこの雰囲気のトラックのなかじゃ、逆に気色悪く感じてしまう。

一番最後の曲、「Drum Light」。この曲はアブナイです。
聴いてるうちに眠ってしまったとしても、この曲の途中で確実に起きます。
びっくりして心臓止まるかと思ったよ~



Timebomb / Beck

オフィシャルのものではないですが、よくできたビデオですな
なぜかハムスター達が出てきます。
ライヴでやってたライアンの振り付けも再現されてて、
ベックもダンシングしてます
なんかファンのツボをおさえてるって感じがしました。

作った人、スゴイなぁ。
日本の人かな~?

| ホーム |