FC2ブログ

latxtal diary

私の好きな音楽を中心に、徒然に語っていくブログです。

Andorra





Andorra / Caribou

Pitchforkで、「アーティストが選ぶ2007年のベスト・アルバム10」みたいな企画があって、そこでケヴィン・バーンズ(Of Montreal)がこのアルバムを1位に挙げていました。
ので、試聴して良かったこともあり、買ってみました

初めて知ったんですが、Manitobaが改名してCaribouになったんですね。
マニトバは一時期、ポストロック、エレクトロニカ周辺でよく聞いた名前だったんですが、私は未聴のままだったんです。
意図せずここで聴くことになろうとは

サイケデリック・フォークトロニカとでも言うんでしょうか。
音に陽性のオーラがありますね。けれど、全体的にノスタルジックな雰囲気。
1、2曲目(「Melody Day」、「Sandy」)とか、メロディーだけ聴いたらベルセバみたいだと思った(あくまでメロディーが、です)。淡くて優しい歌声がいいですね。というか、この作品に関しては、歌が入ってるというところでかなりポイントが上がってます(笑)

トラックも、生音とエレクトロニクスが絶妙ですね~
繊細で綺麗な音世界、けど、可愛らしさも十分あり。
Four Tetとか好きな人はきっと好きだと思う。
ということで、もろに好きなタイプの音楽でした!

ありがとう、ケヴィン!

スポンサーサイト



| ホーム |