FC2ブログ

latxtal diary

私の好きな音楽を中心に、徒然に語っていくブログです。

Give Up





Give Up / The Postal Service

どうやら私は、人間関係における“板ばさみ”になりやすいみたい。
それだけ優柔不断ってことかな。
だって、どっちの意見もわかるんだもん。
だから、どっちの味方(見かた)にもなれる。

けど、その分両方の悪いところも見える。
私は人間関係に波を立てたくないので、どっちの敵にもならない。
だって、嫌われたくないじゃん!?
今後のことを考えたら特に。
全員に同じように好かれたいとも思わないけどさ。

結局、どっちつかず。
そういう存在がいることが、実はイチバン事を複雑にしてるのかも。
…なんて考えてみる。


で、ポスタル・サービスです(どういう前フリだよ)。
私も多くの人と同じように、このユニットを知るまで、Death Cab For Cutieも
Dntelも知りませんでした。
けど、このアルバムが好きすぎるから、そこで満足してしまって、今でもそれぞれの本体の音を真面目に聴くに至ってない状況です。

Ben Gibbardの声が好きなんだな。
質素で優しくてね。
きっとこの人も、人間関係の板ばさみを経験したことあるに違いない(そうつなげるか)。

けど、イチバン好きなトラックは10曲目の「Natural Anthem」。
曲の3分の2すぎになってやっとボーカルが入ってくるっていう。
ビートがドラムンベースちっくに疾走してて、スリルがあってよい。
やっぱ聴いててドキドキする感じって必要よね

1曲目「District Sleeps Alone Tonight」を聴き終わった段階で、このアルバム、私絶対大好きだっていうのを確信できた、数少ない作品のうちのひとつ。

全体的には、歌ものです。
爽やかちょい切なげ。
ビートとエレクトロなウワモノと声とメロディーが一体になって、
私の好みのツボを押しまくり(笑)
ってか、普通にいいアルバムなので、ずっと聴いてても飽きないですね。
ホント、うちら世代の傑作ですよ

これ1回きりのコラボなのかな~。
次回作あるのかな~。

スポンサーサイト



| ホーム |