FC2ブログ

latxtal diary

私の好きな音楽を中心に、徒然に語っていくブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Just a Souvenir





Just A Squarepusher / Squarepusher

安心して聴けるアルバム、と言うと語弊があるかもしれないですが、これはポップなんじゃないですかね?っていうか、ロックですかね、コレ?ロックに詳しい人、教えて下さい(笑)
ギターがここまで前に出てきた作品って、過去にありましたっけ?
(『Go Plastic』以降のものしか私は聴いたことがないんです

音たちは、相変わらず自由に(でもどこか秩序を意識して)暴れ回ってるんですが、前作が割と優等生っぽい(?)雰囲気だったのと違って、この作品では、やりたいことやっちまえ的な
トムの気運がうかがえます(??)。

私は4曲目、「A Real Woman」が大好きなんですよ(笑)
だって、これ、もう、笑っちゃったよ
陽気なクラフトワークか、スタイリッシュなジグジグ・スパトニック?
さもなければ、キュートなYMOか?のほほん気分なポリシックスか?
いやぁ、この1曲で、かなりこの人を見る目が変わったかも(笑)

んで、5曲目の「Delta-V」(と、10曲目「The Glass Road」)。これ、メタルですか?
ギターがゴリ押しじゃないですか!ともすれば、バンドの音に聴こえますよ。
すげーカッチョイイっす!

ドラムンだったりジャズだったりのアウトプットはこの人にとっては当たり前なので、それ以外のポップでロックな部分が見えるのが、この作品のいいところではないでしょうか


けどね、正直、「Iambic 9 Poetry」(『Ultravisitor』収録曲)くらいのわかりやすく素晴らしい名曲を、いつしかまた作っていただきたいなぁ。なーんて思ったりもする

スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。