FC2ブログ

latxtal diary

私の好きな音楽を中心に、徒然に語っていくブログです。

Ferndorf





Ferndolf / Hauschka

やっぱり買いました。
ドイツはデュッセルドルフのピアニスト兼作曲家(肩書きよくわかんない)、
HauschkaことVolker Bertelmann。この作品は4作目です。

優美な室内音楽でございます。
エレクトロニカ~フォークトロニカと言うよりは、よりクラシックのミニマル・ミュージックに近い感じ。
“プリペアド・ピアノ”(ピアノの弦に、コルクなどをはさんで演奏することで音色を変化させる手法)を使って演奏しているがゆえに、実験音楽とも括られるのかもしれませんが、ただ単に心地良いインストゥルメンタル・ミュージックです

この作品ではヴァイオリンなどの弦楽器(や曲によってはホーンも)が存分に使われているので、プチ・オーケストラな雰囲気。
でも、全然大袈裟な音じゃないけどね。
それに、エレクトロニックな音処理が加わって完成された音。

って、書いてみたけど、そういう理論的なところは無視して聴く方がいいのかもね(笑)
お堅い音楽じゃないし、むしろ音にはソフトな印象を受けます。
耳馴染みがいいので、すんなり聴ける。

Final Fantasy(Owen Pallettね、念のため)にも通ずる音かな~、と思いました。歌はないけど。
ジブリ映画とかでかかってそうなイメージの曲もちらほら。
音がノスタルジックなのよね~、画が浮かんでくるようなインストゥルメンタル音楽。
素敵です
不思議の国のサウンドトラック、とでも表現してみますか。


スポンサーサイト



| ホーム |