FC2ブログ

latxtal diary

私の好きな音楽を中心に、徒然に語っていくブログです。



Hard Times / Patrick Wolf


ちょいキモいけど、とてもよくできたビデオ。

アルバムは、買おうか否か考え中です。
アルバム全体がこのテンションだと、ちょっとヤだなー(笑)

スポンサーサイト



Snowflakes and Car Wrecks





Snowflakes And Car Wrecks / Hauschka

東京公演、原美術館のに行きたいのですが、どうやらもう定員終了なようで。
現在はキャンセル待ちだそうです。
残念…。

こちらのアルバムは、去年出た『Ferndorf』のアウトテイク集です。
といっても、寄せ集め感は全くなく、これだけでも正規の作品として十分です

『Ferndorf』が4分前後の比較的コンパクトな曲が収まっていたのに比べると、
このアルバムは全7曲中、9分の長尺な曲が2曲も入ってます。
それらはきっと、『Ferndorf』の流れには沿わなかったんでしょうね。

確かに、『Ferndorf』には入れなくて正解だとは思うけど、その2曲(「Tanz」、「Hauberg」)を発表しないでいるのはもったいないですよね。

特に4曲目の「Tanz」。
こんなに躍動感のあるスリリングな曲、なかなかないですよ。
曲が後半に進むにつれ、なんか胸がドキドキしますもん。
単純に、高揚する。

いわゆる、整ったカタチの静けさとか美しさとかとはちょっと違くて、
歯車がおかしくなったような音のチグハグさがまず耳をひくんですね。
そして徐々にその音達が一体に鳴って疾走していく様が圧巻なのですよ。

ホント、Tanz(英語で言うと、Dance)できるくらい、フィジカルに働きかけるパワーがこの曲にはあると思う。
ポスト・クラシカルなジャンルの中でも割と稀な部類の楽曲なんじゃないかしら?
この曲聴くだけでも、買った甲斐はありました。

もちろん、ほかの曲もいいんだけど、その次に好きなのは、
iTunes Storeにあった8曲目の「Boltzplatz」。
(前述したように、CDそのものは全7曲なんです)

この曲、プリペアド・ピアノの音色がすんごくカワイイんですよ。
テクテクしてて、コロコロしてて、ピョンピョンしてて(←擬音に頼りすぎ)、もう抱きしめたくなっちゃうような音(←?)。
試聴して即買いでした。

あと、このジャケも好きです。
今の季節とは真逆だけど(笑)

行きたいなー、原美術館。



| ホーム |