FC2ブログ

latxtal diary

私の好きな音楽を中心に、徒然に語っていくブログです。

Travellers in Space & Time (Dig)





Travellers In Space And Time / The Apples In Stereo

初夏ですねー。
窓開けて車走らせてると、風がとっても心地良い。

オリジナルとしては3年ぶり、なんだかんだでこの人ももう中堅の位置なのでしょうかね。
ポップ職人さんは、今作でもその手腕を十二分に発揮しております。

一聴、エレクトロ色が強いかなーとか思ったけど、もともとそこまでバンドバンドした雰囲気(?)を持ち合わせてるわけでもないから、そこも全く気にならず。
んでもって、エレクトロ・ポップに消化される音でもないってのが、巧のワザって感じ。

楽しいねー。
ウキウキだねー。

とりあえず、2曲目の「Dream About The Future」のイントロにノックアウトされた人は、絶対私だけじゃないはず!
耳に真っ直ぐに入ってくる鍵盤の音、+遅れてピコピコ電子音。
試聴機でここ聴いただけで、レジに直行でしたもん(笑)

あと、8曲目の「Dignified Dignitary」、コレはいいですね。
50年代のロックを今風に蘇らせた感じがします。
(あくまでイメージです、50年代のロックってなんだそれって世代です
こう、ビートルズがカバーしてそうなイメージ!?

16曲目(私が持ってるのは国内盤です)の「Nobody But You」とか、
イントロのキックの音になんかドキっとしましたが、このちょっぴりおセンチな雰囲気も非常にらしくて好きさ。

まぁ全体を通せば、ポップ万歳ってことですね(笑)



ムヒとキンチョールを枕元に置いておかないと。。
スポンサーサイト



| ホーム |