FC2ブログ

latxtal diary

私の好きな音楽を中心に、徒然に語っていくブログです。

CROOKS & LOVERS





Crooks & Lovers / Mount Kimbie

ScubaのHotflush Recordingsからのリリース。
って、Scubaまともに聴いたことないですスイマセン。
ダブ・ステップ自体まだまだ量を聴きこなしてないんですって(笑)

と言いつつ、これはダブステなんですか?エレクトロニカでいいじゃないっすか?
10曲目の「Mayor」なんて、ポップですらある。
ダブステップっぽいのって、4曲目の「Blind Night Errand」と7曲目の「Ruby」、あと2曲目「Would Know」、くらいなもんだと思うんだけどなー。

個人的には、ダブステの匂いがしない9曲目の「Field」がベストトラックです。
曲前半は、それこそThe Fieldの「Sun & Ice」みたいな、ミニマルでシュワシュワと蒸気が上がってく系の(?)高揚感があるんだけど、後半からは一転、ギターが入ってきて、チープでコロコロした感じの音色のウワモノが聴こえてくる頃には、途端に可愛らしい印象の楽曲に様変わり。
これがとっても~ニカ的な雰囲気なんだよね。

全体的に、ダブステの持つ暗い、地下っぽいイメージは希薄です。
かといって、エレクトロめいた、ぎらついたショウビズ感も皆無。
オーガニックといってもいいくらい、音がナチュラルに鳴ってます。
太陽の光を感じられるダブ・ステップ(?)、かな。

なんだろね、ビートそのものが軽いんだろうな。
ウワモノもポジティブに鳴ってる気がする。
アルバムのオープニングとエンディングがアンビエントちっくになってるのも、作品としてまとまってる感あります。

音にさほど重みがないので、とても聴きやすい。
まぁ何と言ってもこのアルバムのイチバンいいところは、11曲で35分ってことだろうな(笑)


スポンサーサイト



| ホーム |