latxtal diary

私の好きな音楽を中心に、徒然に語っていくブログです。

とりあえず、大野さんと二宮さんはそこにもいたの?

って感じです。
PV見なきゃ確実に気づかない。
ってか、PV見たって割とそうだとは思いづらい。
個人的には、当然のごとく加工が入ってるのだろうと思ったのですが、
耳の肥えた嵐ファンの皆さん、どうなんでしょう?

…だからどうだってわけではないですが、気になるんです、単純に。
ま、お2人は嵐の高音部隊でもありますものね。
地であれだったら、声の似方も含めミラクルですねー。



「Boom Boom」に関しては、サクラップの歪みっぷり、エフェクト具合がナイスです。
もちろんトラックによるところが大きいし、全体で見てそれが正解だとは思うのですが、
いい声の人にはなるべくオートチューンをかけてほしくない私。

この曲、去年のアルバムからの延長線上な気もするし、なんかちょっと懐かしい感じもしますね。歌割が平等なのを無視すれば、『How's It Going』の雰囲気に近いかもね。
イコライザーは低音を強めにして聴こうかな。
あー、そろそろ生音の楽曲聴きたいですよねー。。

「ever」は、アイドルでした。残念ながら、今の私にはうんともすんとも響かなかった。




こうして聴くと、「Lotus」ってとってもシングル表題曲ですね。
耳を惹くし、目を惹くし。手と足のライン強調なダンスが不思議。

なので、今宵のMステのカメラさん、フォーメーションで見せる曲だとわかっていたのなら、もっと引きで撮っておくれよ(笑)


Cosmic Coco,Singing for a Blllion lmu’s Hearty Pi[通常盤]





Cosmic Coco, Singing for a Billion Imu's Hearty Pi / オオルタイチ

何かがはじまるぞ!って感じがして。
すごくワクワクする。

この方、よく知らないんですけど、いわゆるゼロ世代の方ですか?
もしくは、いわゆるセカイ系の方ですかね?
そんな不思議ちゃんな雰囲気がしました。
このアルバムタイトルだって、意味なさそうだけど、語感とか、文字で見た感じ、素敵なイメージじゃないですか(?)。

単純に、耳に嬉しい音楽。
摩訶不思議な楽しさがあります。なんだかファンシーでファンタジー。
おもちゃを手にした3歳児的なワキャワキャ感です(笑)

うん、これはれっきとしたビート音楽ですねー。
カッティングエッジって、こういう音のことを言うのかなー、なんて。
ここまで楽しめた作品は、最近そんななかったかも。
ってか、最近そんなに積極的に音楽聴いてないだけか。。

んでも、心を鼓舞させるなんかがあります、このアルバム。
なーんとなく、90年代のWARP RECORDSが好きな人は好きだと思う。

とりあえず、私は1曲目に心を持ってかれました。
ビートメーカーはかくあるべきです。


James Blake





James Blake / James Blake

うん。
想像してたのと違ったので、驚きました。
思ったよりもダウンテンポで、ソウルな作品です。

この方もポスト・ダブステップだとか言われていますが、そのイメージで聴くよりも、こういうR&Bシンガー、トラックメーカーがいるんだと思ったほうがわかりやすいかも。
っていうか、これ歌ってるのがJames Blakeさん?
だったとしたら、いい声ですねー(笑)

まったりです。
心地良いです。
黒い感じがするのが良いですね。

私個人の印象としては、ビート音楽、ベース音楽、ではないかな。
音数も多くなく、落ち着いたトーンで淡々と進んでいくアルバムです。
チルアウトの度合いが非常に強いです。
これこそ、チルウェイブなんじゃない?とか思った。

そこはかとなくグルーヴィーでね、好きですよ、このアルバム。
エレクトロニック・ミュージックなんだけど、歌機軸で聴くべしです。
まぁどちらにせよ、上質な雰囲気ミュージック(?)であることは間違いなし。
長く聴けそう。


今月めでたく社会人再デビューいたしました。

とてもいい職場です。
先輩たちも優しい。
迷惑かけることもまだまだたくさんあるけど、営業部の皆さん、引いてはお客様たちのお役に立てるよう頑張りますよ。

にしても、メールの添付ファイル忘れすぎ、私
んあー、注意力不足
任せられるようになった分、しっかりしなきゃ

生活リズムが朝型になった今は、音楽聴いている暇があまりないので、CDレビューの更新は隔たるかもです。
そのうちこの生活に慣れた頃に、ぼちぼち更新していきますよ。

ってことで、もともとネガティブ志向な気質なもので、この文面もなんかネガティブに見えますけど(笑)、今多分、充実した生活を送ってるんだと思います。



『バーテンダー』を見たからか、なんか酒が飲みたい気分です。
相葉さんの演技に若干の成長が見られて良かったよ。←私何様?
んでも、主題歌はやっぱあのドラマには合わないと思った。
私は、新しさも嵐らしさも微塵も感じなかったよ、「Lotus」。



まぁ、社会人らしく日々やっていきますよ。
そんなこんなで近況報告でした。


Pop Ambient 2011





Pop Ambient 2011 / V.A.

です。暦の上じゃもうすぐ春だけど。

毎度毎度、薬の副作用で眠いです。
VIVA、hey fever!!


5曲目のBhutan Tiger Rescueのトラック、ふわっとしてて、シンプルなシンセのループで天にも昇る心地。10曲目のMikkel Metalのトラック、ホワホワでキラキラでルンルンなんですわ、まるで子守唄。

では、おやすみなさーい。。


| ホーム |