latxtal diary

私の好きな音楽を中心に、徒然に語っていくブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
NHKのEテレ(いつのまにやら、教育テレビではなくなってるんですね)でやってる『スコラ』。
今クール(?)はクラシックの流れを一通りさらう感じなんですかね?
古典派からきて今週からは20世紀前半ということで。

実は、この3人ちゃんとCDも複数持ってて、聴いたことあるんですよ。
同時代で同国の人だとは、さっき初めて知ったんですけどね

つーことで、今聴きなおしている最中。
あー、懐かしい。「Suite Bergamasque」、前職で混沌としてた頃の自分を思い出すわ。。
あと、教育テレビ(まだ全然Eテレじゃない頃ね)でやってた、『音楽ファンタジー 夢 』
を思い出す。「月の光」、映像は思い出せないけど、確か使われてた回あったよね?


そんなこんなで、買ってきた新譜達を聴かないまま過ごす4連休(笑)。

スポンサーサイト
それなりの額なんだよね。20代中盤的には。
親とはいえ、他人ですから。
そんなに信用してないわけですよ。

まぁ来月には返してくれるらしいけど、
とりあえず顔を合わせたときには、常に返してもらえるよう催促しよう。


職場でちょっとした配置移動があって、自分は移動する側ではないけれど、
なんだかなー、な気分。
あさってからの4連休を前に罪悪感。
でも、休むよ私は。遠出するよ。
お土産は買ってこずで、誰にも知られないことになるだろうけど。


iTunesの再生回数上位のプレイリスト、数ヶ月前に嵐の「The Bubble」がトップ10に入ってきて以降、大きな変動はないと思ってたけど、ちゃんと見たらば、微々たる変化満載。
ついに鉄壁のTOP3の順番が入れ替わりそう。
私のハンドルネームもそのうち変わるかもね(笑)←いや、それはない。


Women





Women / Women

ざっくりノイズポップです。

ただ言えるのは、2曲目のイントロがめちゃめちゃカッコイイ。
また言えるのは、2曲目のアウトロがかなり不快(個人的に好きなノイズの鳴り方じゃなかった)。
その2曲目の印象が強すぎて、全体像がうすぼんやり(笑)。

んでも、いいですね、30分足らずで終わって。
潔い。
全体を通して、演奏がローファイでうすぼんやり。
そして2曲目のパンチが頭の中に残りっぱなし。

…うすぼんやりとか言ってますが、それはそれでいいんですよ。
3曲目のインスト曲だって、ノイズ方面のアンビエントにも聴こえなくはない。

まぁポップっちゃー、ポップです。
時折、Of Montrealみたいだと思った。声似てるしね。


こちらは2008年の1stで、2ndも出てるらしいけど、それも聴こうとは思わないかな。。
なんでしょ、ずっと聴いていたい音楽じゃないし。
たまに聴いて、あったなこんな音、みたいなスタンスかも。



以下、日記的アップ
(アラシックさんは情報プリーズ)
Duo





Duo / Bugge Wesseltoft & Henrik Schwarz

いい組み合わせですね。
って、Bugge Wesseltoftって方は全く存じ上げませんが(笑)。
ピアニストで、エレクトロニック・ジャズのパイオニア、だそうです(←一応、調べた)。

ピアノの躍動感はジャズだなって思いますが、基本ミニマルです。
クラブ・ミュージックってよりは、現代のクラシック?(←現代音楽って言うと堅苦しくなるんで)みたいな感覚。
落ち着きます、この音楽聴いていると。
なんか気持ちが穏やかになる。
音の緊張感はハンパないんだけどね。
馴染むんだよね、こういう音楽って日常に。いわゆる歌モノポップスよりもごく自然に。
あくまで私の主観ですが。

そんなこんなで、日曜の午後、だらだらしながら聴いてます
昨日の『IPPONグランプリ』、なんか変なことになってたね(笑)。
いや、ホリケンだったよどう考えても。
でも、開催6回目のいい時期にこういう展開になったと思う(?)。次が楽しみ。


xtal9270

松潤、あなたプロだよ(笑)。あー楽しい。けど、相葉さんと櫻井さんの順位はやっぱ私は逆だわ
10-20 23:01

予想的中(笑)あなた攻めたよ、松潤
10-20 22:53

4位と5位に関しては、私も確実に好きじゃないから、どっちでもいいや
10-20 22:49

一般の悪い意見に激しく同意。柄うるさい1位、重ねすぎな2位
10-20 22:42

ま、そうさな。
10-20 22:38

えー、信じらんない。相葉さんか二宮さんだって!!
10-20 22:33

森泉の言い分はわかる、けどなんでみんな櫻井マネキン?
10-20 22:27

良かった良かった、二宮さん(←さん付けに戻す)、重ねすぎがオリジナル感だね
10-20 22:16

その作戦なんだそりゃ(笑)、え、マジで二宮(呼び捨て御免)?
10-20 22:10

ありゃりゃ、攻めたね。私が一番きらいなやつ
10-20 22:02




どーせだったら、『エスパー魔美』とか見たかったなぁとか思いつつ。
←アラサーですから(笑)。ドンピシャです。

世間的に、真っ先に思い浮かぶのは『お料理行進曲』でしょうし、
私も『キテレツ大百科』と言ったらそのイメージのが強いけど、この曲は大好きでした。
忘れらんないインパクトのある楽曲。
遠足のバスの中で皆で歌った記憶があります。

♪あぁ空はこんなに青いのに
風はこんなにあたたかいのに
太陽はとっても明るいのに
どうしてこんなに眠いの?

なんか、聴いてて胸が痛い(笑)。

Vivian Girls





Vivian Girls / Vivian Girls

あっという間に終わる(笑)。

1stってね、大事よ。この衝動っていうか。
けどね、なんか気だるいんです、そして甘酸っぱいんです(なぜか胸キュン)。

2~3年前に出たアルバムです。
女の子3人組、確かブルックリンのバンドです。
んでも、いわゆるここ数年のブルックリンの人たちの音のごちゃまぜ感ってのじゃなく、
単純に、ロックバンド然としてます。

演奏がね、荒いにもほどがあって、そこがすごくいい。
歌もね、ほっぽり投げてる感じでね、すごく好感持てるわ(?)。
あくまで私個人の印象ですが、
荒いけど、熱くなくて、ざらついてて、冷めてる。
そんなローファイガレージパンク。

8曲目、1分20秒の「No」。
めっちゃいい曲ですね!「No」と連呼してるだけ。


この人たち、うまくなったら面白みがなくなりそうなので、
2nd以降も出てるけど、いまいち聴く気がしないです

Grobstadmarchen





Grobstadmarchen / Oliver Koletzki

です。

この人、詳しくは知りませんが、ドイツ人です、確か。
…いや、オーストリア人だっけか?

ポップ側からテクノに寄ったってよりは、テクノ側から歌を加えてみました的な雰囲気です。
基本、暗いです。けど、不思議に楽しいです。


なんかね、今日は些細なことでいちいち凹んだ日でした。
もうね、肌がガサガサ。私も若くないわ。。

このごろの記事、全くレビューな内容になってなくてスイマセン。
こういう微妙な位置の旧譜もってくるしね。
ま、その辺はご愛嬌で
だって、新譜を聴いてないんだもん!

毎年、その年を振り返って、TOP10形式で発表して良く企画。
今年ver.は、TOP5でいきましょうかね(笑)。
なんか一昨年あたりもそうした気がするけど。

ではおやすみなさーい。

000410.jpg










(↑Amazonで見つからなかったので、ただ画像を貼り付けただけです)


Ambient Land / Lemongrass

もうすっかり、日が落ちると長袖じゃないと寒い季節ですね。
このくらいの気温が好き。

さて、寝ますか。
ホント、常に眠い眠い言ってるわ、私。



どーでもいいけど、途中から見た昨日のTBSの感謝祭、たけしさん問題が良かったな。
二階堂って、そんなんわかるかっ(笑)。

これまたどーでもいいけど、黒猫さん、色っぽくてドキドキする
(わかってくれる人だけ、わかればいいです)

そりゃ相葉さんと比べちゃうとね(笑)。

こーゆー設定ってやっぱ松本さん画になるわー。
魅せ方を知ってるわ。くぅー。


二宮さんは水木一郎で、櫻井さんはやっぱ、整ったお顔立ちの人なんだな、と。


表情がね、皆さんいいね、大野さん年の功(笑)。
相葉・松本で〆るって、スタッフもわかってるわ~。


auのCMの感想でした。


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。