latxtal diary

私の好きな音楽を中心に、徒然に語っていくブログです。

『大脱走』とか、『ウエスト・サイド・ストーリー』とか、
代表的なの買って聴いてます。
クラシックの指揮者の方ではあるけど、そういうイメージがもとから強いんだろうな。
番組の内容はどうであれ(笑)、きっかけを作ってくれたことに感謝。

昨今のアラシック具合は、常人女子レベルまで落ち着いてきた感じです。
『嵐ちゃん』とか全然見てませんし(笑)。
『VS』は欠かさず見てるんだけどね、『しやがれ』は、ゲストによってまちまち。
関連のドラマも見てないわ、面白いですか、月9のやつ?

大野さんの動向は多分なにかしらで追ってると思います。
新年のドラマも見たし。
正直、2~3年前の5人でやったやつが全く面白くなかったので全然期待してなかったんだけど(笑)、今回のはよかったね。録画して2~3回見た。
サトシック具合は、軽度に進行中なのかな。

あと、年末年始にはなぜかYOUTUBEでももいろクローバーばっかり見てた。
(否、ももいろクローバーZ、青の子の存在はやっぱデカイ)
彼女たちを見てると、歌が口パクでもかぶせでも、許せるんだな。
なんでだろ、すごい一生懸命さが目に見えてわかるというか。
それはそれで、プロとしてどうなのかとは思うけど、許しちゃうんだよ。

FNS歌謡祭の件、なにかしら反論がきたら怖いと思って、記事は日が変わった段階で下書きに戻したけど、いろいろ論争あったみたいね。
Twitterをまとめたサイトとか見たけど、面白いわ、ファンの皆様の反応が。
いろいろな視点があるのねぇ。

一昨年のも見て思ったことだけど、基本、大野さん以外はたいして歌上手くないんだから…。
←サトシック目線御免あそばせ。
大野さんだって、一般人よりは幾分か上手いくらいなもんで。

嵐さん、今年もアルバム出しますかね?夏ごろかしら?
そこで、私のアラシックとしての身の振り方が決まってくるかもね。
まぁね、音楽に興味がなくなってしまったら、追う気持ちもなくなってくるわな。

んでも、好きな旧譜は常日頃聴きますよ。
はうず、いざなう、あたりはもうね。
(なんかそればっかり言ってる気がする、ウザイかしらね。。)
あとtruthとスーパーフレッシュとか…。


POP AMBIENT 2012





Pop Ambient 2012 / V.A.

このシリーズを聴き始めたのが2007年からなので、もう5年以上のお付き合いですね。
いつもお世話になっております。

どこぞよりトラックリストをコピペ。

1. Mohn – Manifesto
2. Superpitcher – Jackson
3. Morek – Pan
4. Magazine – The Visitor’s Bureau (Magazine Edit)
5. Triola – Richmodis
6. Wolfgang Voigt – Ruckverzauberung 5
7. bvdub – Your Loyalty Lies Long Forgotten
8. Marsen Jules – Swans Reflecting Elephants
9. Simon Scott – For Martha
10. Loops Of Your Heart – Riding The Bikes


どーでもいいことかも知れませんが、皆さんはブログを書くとき(何かしらWeb上に載る文章を書くとき)、ウムラウトやアクサンって、それどおりに入力したり、コピペしたりします?
私は、文字化けが怖いので、普通のアルファベットに直して書いているのですが…。
…というか、入力の仕方を知らない(笑)。
たまにAmazonとか、ものすごい文字化けに出会うことあるんですよね、北欧のものは特に。

この記事だったら、6曲目のWolfgang Voigtの曲名はウムラウト付きです。直したけど。
どーなんですかね、自分の環境で見る分にはコピペでもちゃんと反映されるんですけどね。でも酷い文字化けは本当に恐怖を感じますもん(笑)。
ま、いっか。

にしても、Wolfgang Voightのはなんだか今回面白かったです。
そんなにアンビエントアンビエントした雰囲気(?)でもなくて。
逆に、実はこのシリーズには初登場らしいSuperpitcherは、
とってもアンビエントアンビエントしてて、それもそれで良い。
あと、The Fieldの変名のLoops Of Your Heart 、思ってたより有機的な優しい
音になってて、ちょっと意外だった。

あけましておめでとうございます。
表題の件、順不同で10枚+αでどうぞ。



Bon Iver




Bon Iver / Bon Iver
ま、私も例に漏れず大好きな盤です。本当にいいアルバム。


James Blake




James Blake / James Blake
ま、私も例に漏れず大好きな盤です。今となっては、まさに2011年の空気の音ですね。


Duo




Duo / Bugge Wesseltoft & Henrik Schwarz
これ案外回数聴いてたんです。私の趣向的に、大正解だった1枚。


Japanese for Beginners




Japanese For Beginners / Near The Parenthesis
ニカ~ポスクラ好きさん全般にオススメできる音です。
個人的に、震災前後によく聴いていたアルバムっていう印象が強いかも。


| ホーム |