latxtal diary

私の好きな音楽を中心に、徒然に語っていくブログです。

I Thought I Was Over That: Rare Remixed & B-Sides





I Thought I Was Over That: Rare, Remixed And B-Sides / Lali Puna

こちらも閉店セールでお安く買えたものです。
言わずもがな、Morr Musicの看板アーティストですかね?
って、言うほどこの人たちのことは知りません(笑)。

いわゆる、親しみやすいエレクトロニカです。
歌モノなんかは、その手のインディーロックとも親和性が高そうな。

このアルバムに関しては、割とリミックスが良くて、いい意味でつかず離れずな感触なので、聴きやすい。
リミックスされてる側を集めたDisc2の方が今のところ好きかな。
初めて聞く名前もいくつかあって、Thomas Leboeg、って誰だろう、気になる。

よし、つながりでDntelでも聴こうかな(?)。
確か、収録曲被ってるやつあるはず。


来月はお金を使わないようにしないとな…。

Powers of Audition





Powers of Audition / Jonas Reinhardt

最近出た新譜も良かったですよ、ぱっと聴きポップな感じで。
こちらは、2年くらい前にkrankyから出たアルバムです。

なんでしょうねー、アナログシンセの音が好きなのでしょうか。
70年代のジャーマンプログレを愛でているお方なのでしょうね、この方もきっと。

全体として、いわゆるシンセポップ的な明るい音ではないです。
ただ、それが良いのです。
最終曲「Watrel Eyelid」とか、まさにそれって感じ(?)。
そうそう、その重めの暗い雰囲気っていう(笑)。


延期になっていると思いきや、給料10%カットがスタートしました。
嗚呼…
節約節約、今月は遊びに出費がかさみすぎた。それなりに交通費おさえたんだけどな。。


When The Pawn...





When the Pawn Hits the Conflicts He Thinks like a King What He Knows Throws the Blows When He Goes to the Fight and He'll Win the Whole Thing Fore He Enters the Ring There's No Body to Batter When Your Mind Is Your Might So When You Go Solo. You Hold Your Own Hand and Remember That Depth Is the Greatest of Heights and If You Know Where You Stand. Then You'll Know Where to Land and If You Fall It Won't Matter, Cuz You Know That You're Right
/ Fiona Apple

長いね、さすがギネス記録。邦題は『真実』。
最寄りのタワーが閉店セールをしていて、輸入盤が安かったので購入。

正直、「Fast As You Can」が聴きたかっただけなのですが。
んで実際、まだ「Fast As You Can」しかまともに聴いてないですが。

この記事のタイトル、確か「Fast As You Can」のPVだったような記憶があります。
多分、その女性がフィオナ自身だったのかな。
うろ覚えですが。

自らの過去の経験から、傷ついてなにかしらを背負ってる女性。
みたいなイメージありますね。
ま、それも今から10年以上前のイメージですが。
新譜も最近出て、それ以前にもリリースありましたね、聴いてないですが。
優しい・柔らかいイメージになっているのかしらね?

とにかく、「Fast As You Can」がカッコイイのです。
危うい疾走感がたまらないですわ。その低い声に凄みを感じる。
ここ数日、ひたすらリピートしてます。
確か、歌詞もまぁまぁなことを言ってるような曲だったと思います。
うろ覚えですが。

この当時でも、今の私よりもだいぶ年下なんですね。
ふーん。
良くも悪くも、男に振り回されるのはちょいとゴメンですな、私は。
だから恋愛できないのかな。ま、願望もありませんけど。
なに言ってんだろ(笑)。


| ホーム |