FC2ブログ

latxtal diary

私の好きな音楽を中心に、徒然に語っていくブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
LIFE





LIFE / 小沢健二

Mステ見ててさ、幸田クミ(←漢字変換で出てこない)が、「ラブリー」をカバーしてた。
やっぱ、オザケンじゃなきゃダメだと思っちゃった。
最近、May.Jだったかが「ブギーバック」をカバーしてた。
やっぱ、オザケンじゃなきゃダメだと思っちゃった。

久々に取り出して聴いてみました。
懐かしいよ。
14~15歳の頃よく聴いてた。その頃でもリアルタイムではないけれど。
リアルタイムでは、『HEY!HEY!HEY!』でのトークが面白かったなぁくらいでしか思ってなかった。
私的に、まともに聴いた順であれば、コーネリアス→フリッパーズギター→オザケンでした。
同世代でも名が知れた人だったから、なんか後回しにしてたのかな。

この記事のタイトル、これ私練習したんです。
いかに噛まずにちゃんと言えるか(笑)
カラオケで歌えなかったんですよね、そこ。なんか悔しかった記憶があります。

その当時も思ってたけど、1曲平均で6分くらいありますよね楽曲。それが新鮮だった。
いわずもがなポップで、いち青年として作者に好感が持てます。
「僕らが旅に出る理由」とか、今にしてみればすごくいい詞だと思うわ。
と同時に、ケータイがある時代にはこんな詞の発想出てこないだろうな、とも。
アルバムを通して思うのは、恋愛中って、(ストレスもたくさんあるけど)、本当に楽しい時もあったよなー、とかね。。

うん、今のオザケンを追う気は正直ないけど、これは大好きなアルバムです。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://xtal9270.blog106.fc2.com/tb.php/1028-ef3e2709

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。