FC2ブログ

latxtal diary

私の好きな音楽を中心に、徒然に語っていくブログです。

Utopia Parkway





Utopia Parkway / Fountains Of Wayne

前の記事、Tahiti 80のレビューを見直していて思ったんです。
“このアルバムを「大嫌い」とか言う人は、……”
っていう言葉、なんかどっかで見たことがあるなって。

「このアルバムが嫌いになれる人なんて、たぶん心が石でできているに違いない。」
Fountains of Wayne、1999年発売のこのアルバム、国内盤の帯にこう書いてあります。なるほどね
実際、アダムは「Puzzle」に参加しているんだっけ。

帯に書いてある言葉は、大袈裟でも何でもありません。
というか、このバンドの場合、どの作品にもこの言葉は当てはまるかもね。

言わずもがな、捨て曲なしです。
特にパワー・ポップ屈指の名曲「Denise」、
(シャラララ~、ドゥユドゥユ~、のコーラスがもう
優しさとなぜか懐かしさがこみ上げる名曲「Troubled Times」、
「A Fine Day For Parade」。

まさに「ポップという魔法」(←これも帯に書いてある)にかかってしまう、素敵な作品












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://xtal9270.blog106.fc2.com/tb.php/132-9686f485

| ホーム |