FC2ブログ

latxtal diary

私の好きな音楽を中心に、徒然に語っていくブログです。

さて、またしてもレンタル半額のときに借りてきたDVD4本を、私的な視点で勝手に評価しちゃいます!最初に言っておきますが、普段私は全然映画を観ません。映画館に行くのは年2回くらいです
今回のテーマは、サスペンス&ホラー。
5つ星評価で、白抜けの星は+αってことで。



「ミュンヘン」               ★★★★☆
ミュンヘン・オリンピックにて、パレスチナのテロリスト達が、イスラエル人選手11人を殺害したことを発端にする、報復の物語。2時間40分、見ごたえ十分な内容でした。ところで、ヨルダンって、国として存在してなかったの?(←アヴナーとアリの対話のシーン)私の歴史認識が甘いんですね。

「ディパーテッド」            ★★★★
マフィアの中の警察のスパイと警察の中のマフィアのスパイ、その抗争を描いた作品。スリリングですね~、ハラハラ・ドキドキです。個人的に、一番最後のシーンがいい。一番好感の持てる登場人物が、忘れた頃にやってきて、一番ムカつく登場人物を殺ってくれたのが、なんとも爽快!

「シャイニング」             ★★★★
奥さんの表情がイイ!ぎょろ目でガイコツみたいなルックスで、最初はだいぶ違和感があったんだけど、斧でドアを壊されてる時のあの表情ったらもう!ホラー映画を観てるってのを実感させてくれます。黒人の料理長さんはかわいそう。息子さんはかわいい。旦那さんは、やっぱり狂ってるね。

「ブラック・ダリア」            ★☆
つまんなかった。わかりづらいし、だからってもう一度観ようとも思わない。殺されたブラック・ダリアと、あの女の人(名前忘れた)、顔がすごく似てるって設定で物語は進行していくけど、そんなに似てないと思うな。主人公も、なんだかパッとしないし。



偶然にも、ジャック・ニコルソン、4つ星の2作品両方に出てますね。存在感に凄みがある方なのですね~。それにしても、表情コワいっすよ













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://xtal9270.blog106.fc2.com/tb.php/139-f22d5a10

ジャック・ニコルソン
1937年4月22日 - )はアメリカ合衆国|アメリカの俳優。サイコな役を多く演じる。若いころはアメリカン・ニューシネマの代表的な製作者であった。MGMに入社して映画制作をしていたが、演技の勉強を始め、1958年にデビューした。197

2007.09.23 13:07 | めいの日記

| ホーム |