FC2ブログ

latxtal diary

私の好きな音楽を中心に、徒然に語っていくブログです。

Chutes Too Narrow





Chutes Too Narrow / The Shins

2003年リリースのセカンド。
やっぱジャケがキュート
次回作の『Wincing the Night Away』のジャケがどうにも気持ち悪いので、余計にこのジャケに愛着があります。仕掛け絵本みたいで、ジャケの紙を折りたたむことで、このジャケの絵になる。動かして楽しめるとこがポイント高いです

Nirvanaで有名なsubpopからのリリース。
と言っても、音の方は、爽やかサニーサイド・ポップ
The Beach Boysなんかを彷彿とさせる、グッド・メロディー。
勢いがないわけではないけど、なんだか聴いていると気持ちが和む感じの音ですね。
一言にギターポップとも言いにくいし、つかみどころがないな~。けど、普通にいい曲が入ってるいいアルバムです。

5曲目の「Saint Simon」のコーラスがすごく好きです。
牧歌的で、優しくて、どこか懐かしい感じがして。
そう、コーラスを含めて、The Beach Boysっぽいのかな。

音からいろんな要素がほんのりうかがえるけど、正直、地味ですよ。大げさに書き立てるところが見当たらないです(笑)
でもね、それがいいんです。
目立たないけど輝いてる。
バラじゃなくてタンポポ。むしろ、ペンペン草とかかな?
本人達のルックスもそんなによくないしね(笑)

私が持ってるのはその当時発売の国内盤なのですが、1年くらい前に出た国内盤では、ボーナストラックが差し替えられてます。どれかの曲のライヴ・バージョンに代わったようだけど、この盤のボーナストラック、「Mild Child」、これがなかなか実験的で、クセのある名曲なのです
こういうボヤっとしたトラックに乗っかると、メロディーの良さがまじまじとわかりますね。

ということで、国内盤をお求めの方は、ポニーキャニオンから出ていない方をオススメします。
(Amazonのリンクは輸入盤ですが

これまたキュート!
前にも同じ様なコメントしましたが、ジャケで惹かれる作品が多いっすねー。
シンズとか聴いた事なくてジャケも最新作の黄土色ぽいのしか見た事なかったので、こっちの方がバンドのカラーが出ているんですかね。
ジャケを比較するだけで、その人の好みの音楽がなんとなく分かる(ような)気がするから面白いです。

2008.05.23 04:48 URL | まさゆき #jYbOzkUY [ 編集 ]

まさゆきさん、コメントありがとうございます!
シンズ、ファーストは未聴ですが、サードもこのセカンドに負けないくらい、素敵なアルバムですよ。
ただ個人的に、ジャケに描かれている細胞っぽいモノが妙にリアルで気持ち悪くて、CDそのものを手に取りづらくさせているだけで(笑)
気に入ったジャケのものであれば、そのパッケージには自然と目が行くので、この記事をサードじゃなくてセカンドにしたのも、そういったところです。

2008.05.24 01:25 URL | xtal9270 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://xtal9270.blog106.fc2.com/tb.php/312-745fd744

| ホーム |