FC2ブログ

latxtal diary

私の好きな音楽を中心に、徒然に語っていくブログです。

Lang Remixed





Lang Remixed / Aus

リミキサー陣が豪華だったので、買ってみました。
日本人アーティスト、Yasuhiko FukuzonoによるAusの、2006年末にリリースされたアルバム、『Lang』のリミックスアルバム。
Ulrich Schnauss、Kettel、Manual、Isanなど、エレクトロニカ好きなら思わずグッとくるようなリミキサー陣が参加しております

もとの音源を聴いたことがないので、比べることはできませんが、エレクトロニカ好きなら思わずグッとくるような内容になってます(笑)

冒頭、かなーりアンビエント色の強い「Clocks (Sons of Magdalene Dub)」から始まります。Sons of Magdaleneって、初めて聞いた名前だけど、Telefon Tel Avivのうちの1人のソロ・プロジェクトなんだそうです。

Ulrichのリミックスは、最初小刻みにチキチキいってるかと思いきや、気付けば壮大な音の波に飲まれてる感じ。クリアなアコギの音がいいですね~。
Manualのは、ザッツ、エレクトロ・シューゲイザーってとこかな。
KettelやDoshやBrackenのリミックスは割とビート・オリエンテッドで、若干硬めの音。Kettelに関しては、やっぱりウワモノは綺麗です。
State River Widening、Epic45のリミックスは、ポストロックちっくなエレクトロ・アコースティック仕様で、アコースティックのがメインな印象。どっちもやっぱアコギの音が素敵。

このアルバム、個人的に、直球でツボな音ばかり
オリジナル・アルバムも買ってみようかしら。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://xtal9270.blog106.fc2.com/tb.php/317-42dcc2f2

| ホーム |