FC2ブログ

latxtal diary

私の好きな音楽を中心に、徒然に語っていくブログです。

Third





Third / Portishead

約10年ぶりとなったポーティスヘッドの3rdアルバム。
10年経っても、相変わらず孤高の存在ですよ。
音の魅力がこれっぽっちも薄れてない。

初めて『Dummy』を聴いた時の衝撃がよみがえってくるよう。
(と言っても、もちろんリアルタイムで聴いてはないですよ)

暗い、重い、冷たい。
全くフレンドリーじゃない。
明るい未来が想像できない音。

べスのボーカルの幽玄さ、凄みがハンパじゃない。
トラックそのものの緊張感がすさまじいです。

今どきトリップホップって死語な気もしますが、こんなにダークでここまでスリリングな音楽は昨今なかなかないですよ

1曲目「Silence」、わかっててもやっぱ、この終わり方にはドキッとする。
ベストトラックは、6曲目、「We Carry On」。
まるで、何かの警鐘が鳴ってるかのような音。すごく攻撃的な印象を受ける。とにかく、聴いてて落ち着かない。胸がソワソワする。
割とアッパーですが、明るさ、楽しさはもちろん皆無。
けど、この背筋がゾクゾクする感じが聴いてて楽しいっていうか、快感すら覚えてしまうんだな(笑)
表面的には1番激しい8曲目の「Machine Gun」。
ビートが本当にマシンガンみたい。でも、数打ちゃ当たるよう乱暴なものじゃなく、確実に狙った獲物の息を止めるような、重い弾丸。


いや~、素晴らしい作品ですよ
夜中に1人で聴くのに、これほどうってつけの作品はないっしょ。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://xtal9270.blog106.fc2.com/tb.php/333-98741fc4

| ホーム |