FC2ブログ

latxtal diary

私の好きな音楽を中心に、徒然に語っていくブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Bitte Orca (Ocrd)





Bitte Orca / Dirty Projectors

昨今のロックがよくわかってない人です。
そーいや、pitchforkも、ここ数ヵ月見てないや。

ブルックリンの男女混合6人組バンドです。
こちらは昨年、軒並み、音楽誌やメディアでの評価が高かった作品でしたよね。

これ、どう表現するのが的確なんでしょうね
ブルックリンのバンドっぽい音って言えばいいかな?(←説明逃れ

音の隙間が気になる。
それがグルーヴってやつなんだろうけど、なんか気になる。
多分、繰り返し聴いていくと、これが心地良くなるんだろうな。

アバンギャルドですね。実験精神バンザイって感じ。
声の入れ方が特に。
女性の声が、とても奇妙に響いてきます。
一聴して、全体的にかみ合ってなく聴こえるのは、それが一番の要因かな?
それが悪いと言っているわけでなくて、整合性のない整合感というか(?)。
不思議な音。

けれど、ビートは割と黒い印象なんですよね。
ちゃんと体が揺れるような音。
それに乗っかる歌声に、キテレツな知性を感じます(?)。
4曲目の「Stillness Is The Move」とか、まさにそれ。

あと、5曲目の「Two Doves」がね、普通にいい曲です。
いや、普通って言うほど普通でもないんだけど(笑)、室内楽的フォーク・ミュージックとでも言うか。この曲、アルバムの中では一番好きかな。

全体的に、音はスカスカです。
サイケにトんでる印象は、そこまでない。むしろ、フォークとブラックなリズムの融合って感じするなー。しっかり地に足ついてる。

声の印象が強いわ、やっぱ。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://xtal9270.blog106.fc2.com/tb.php/785-7f8177e5

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。