FC2ブログ

latxtal diary

私の好きな音楽を中心に、徒然に語っていくブログです。

The King of Limbs





The King Of Limbs / Radiohead

聴いたら聴いたで好きなのだけど。
新譜を心待ちにするって感じじゃないもんな。

安定してて、いいアルバムだと思います。
決して刺激的な音ではなく、とても想定の範囲内なアルバムです。
(あくまで、90年代後半~00年代のロックシーンをリアルタイムで聴いて育ってきている人間としては)

淡々としてて、起伏がそんななくて。
なんか落ち着きます。

けど、他にこういう音楽をやっているロックバンドっているかなー、とか思うと、
案外いないもんですよね。
(私の知識が狭いだけですかね?)
結局、孤高の存在なんだなー、と。
前情報全くなしで、ラジオで「Lotus Flower」を聴いた時、イントロの時点でなんかレディオヘッドっぽいと思ったら、実際そうだったので驚いた。アルバムのリードトラックとして一番わかりやすかったってのもあるけど、それだけ記名性の高い音楽なのかもね。

個人的には、アルバム前半のが好みかな。
ってか、アルバム全体としてのコンパクトさがとても良い(笑)

少なくとも、前作よりはよく聴くアルバムになりそう。
…でも、やはりこのバンドに関しては、『The Bends』がイチバンだと思ってしまう、懐古主義ちっくな私ではあります。。

確かに刺激的ではないですが…この安定感は凄いです。トムがほぼ同時期にBURIALやFOTUR TETとの音源も出しましたが、そちらもやっぱり安定してるんですけど凄いです。

でも何ですごいのかなと思うと結局こういうバンドがいないんですよね。だからいまだにロックバンドとしては最先端なんだと思います。

2011.04.18 00:50 URL | ラジオあたま #oDcsh8ug [ 編集 ]

ラジオあたまさん、こんばんは。返信が遅くなりスイマセン。

確かに、ロックの範囲がRADIOHEADによって大きく広がったのかなーとも思いますし、彼らのフォロワーはたくさんいるはずなのに、彼ら自身はどんどん孤高の存在になってきているような気がして、不思議ですね。

2011.04.19 21:30 URL | xtal9270 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://xtal9270.blog106.fc2.com/tb.php/897-9013877c

| ホーム |